• 健康管理は大切です

    看護師は、患者の健康を守る仕事です。しかしそれを重んじた結果、看護師自身の健康があまりにも見落とされてきたのではないでしょうか?

    看護師という職業は、夜勤や日勤・常勤などいろんな働き方がありますが、一番きついのは夜勤を含む勤務形態だと思います。
    夜勤が入ると、やはり体内のバランスを崩しやすく、それに伴い健康不良を起こします。このことに関しては法的な規則があり、夜勤を行う病院の経営者や管理者は、「夜勤に殉ずる看護師の健康に配慮する義務」というものがあります。安全配慮義務というものです。しかし実際はどうなっているのかは定かではありません。
    夜勤と日勤が不規則に入ると体調を崩しやすいため、夜勤専従の看護師がいるほどです。夜勤専従の看護師は夜勤しかしません。夜ばかりで寝不足になるのではないかと思いがちですが、逆に夜勤のみであれば、昼夜逆転しまうけど混合シフトに比べれば体調を崩しにくいという利点があります。
    それに体の健康ばかりでなく、心の健康も看護師にとって大切なことであり、新人看護師が精神的に病んでしまって退職するケースや、ベテランでも鬱状態になって休業を余儀なくされるケースが後を絶たないようです。体の健康も大事ですが、看護師の世界では心の健康のほうが厄介なようです。
    ただでさえ、夜勤・日勤を繰り返し、眠れなくなったり、食欲不振に陥り、体のなるさやめまいなどを感じるようになることが多く、健康を損なう状況ですからね。それに人間関係も看護師の世界は厳しいと言いますから、心の休まる暇がないという結果、身体と心の健康を保つのが難しいのでしょう。確かに、看護職に就く以上、患者の健康が第一かもしれませんが、患者の健康を管理する看護師が健康を損なってしまえば、元も子もありません。自分自身がしっかり健康管理すると同時に、出来る限り職場環境の中でも、看護師の健康管理をきちんと考えた医療の現場というのが理想ですね。